キャッシングの本人属性について

キャッシングの本人属性について解説

キャッシング審査には「本人属性」というものがあります。これはキャッシングの申し込みする時に、金融会社に提示した書類を細かく種類にわけた事を「本人属性」といいます。

 

種類とは、主に氏名、職業、保険証の種類、居住形態、年収などがあり、特に重要視されるのが、職業、保険証、居住形態です。これら本人属性を調べていくと、本人の素性がわかっていきます。

 

職業は、やはり正社員で会社に勤めている人は優位です。正社員でも職業が公務員などになると、さらに優位になります。反対にアルバイトなどのフリーターの人は、「低属性」になります。

 

いくら高給を得ても、アルバイトでは「安定した職業」にはならないようです。あと、転職が多い人はこれもまた、「低属性」になります。

 

保険証の種類ですが、会社によって保険証が違うのです。一般的に誰でも役所で申請すれば、手に入る「国民健康保険」、サラリーマンなどの会社員や公務員などの人は「社会保険」や「共済組合」などがあります。

 

簡単に手にはいる「国保」は「低属性」になり、会社で入る「社会保険」や「共済組合」は「高属性」になります。居住形態は、引越しが簡単にできる所に住んでいるかどうかで判断されます。持ち家などはすぐには引越しなどできませんが、賃貸などは契約にもよりますが、大体は契約者の都合で引越しができます。キャッシング審査において、この3点は最重要素です。