キャッシングの申込み必要書類

キャッシングの必要書類について

キャッシングの申込で必要な書類があります。

 

キャッシングの審査時に金融機関が借り手の返済能力が あるかどうかを調査するのに借り手の資料が必要だからです。

 

 

その必要書類で最初に必ず必要なのが、「本人確認ができる書類」です。 例をあげると、運転免許証や保険証、パスポートなどです。これは借り手の住所確認の為に必要とされる書類です。

 

 

次に必要な書類は「収入証明」です。キャッシング会社は基本的に無職や無収入の人にはお金を貸しません。なので申込人が安定した収入が毎月あるかどうかを確認するわけです。

 

ただ、ほとんどのキャッシング会社は50万円以内の融資の場合は、 「収入証明書」は不要です。

 

これは、キャッシング会社が借り手の職場等に直接個人名で電話をして在籍確認をするからです。

 

なので、収入証明が必要なケースは50万円を超える融資の場合が ほとんどです。

 

融資時に必要とされる収入証明書類の例をあげると、 普通の会社員は「源泉徴収票・給与明細・課税証明」のいずれかのコピー、 自営業の人は、「税額通知書・課税証明・確定申告・所得証明書」のいずれかのコピーが必要です。

 

これらの書類をもとに金融機関は審査を行います。