キャッシングの個人信用情報期間について

キャッシングの審査と個人信用情報

キャッシング審査に資される「個人信用情報」を御存知ですか?

 

これは個人情報の一部ですが、キャッシングを申し込みする個人の経済的信用度の目安となる情報だけを限定しております。

 

つまりクレジットカードや各種ローン、キャッシングの利用契約に関する具体的な事実や利用状況の記録やデーターという事です。

 

さて、その信用情報ですが日本国内にある信用情報の例として、

 

・「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」
・「全国銀行個人信用情報センター」
・「全国信用情報センター連合会(全情連)」
・「株式会社シーシービー(CCB)」

 

の4つの個人信用情報機関ともう一つ全業種を横断する個人信用情報機関とが設置されています。

 

個人信用情報の存在意義は借り過ぎによる多重債務者防止や キャッシング会社による過剰の防止を盛り込んだ貸金業規制法が成立したため、キャッシング会社は信用情報機関の利用を義務付けられているのです。

 

これらの信用情報の記録やデーターは個人が情報の開示請求を して確認する事が出来ます。